⇒グランツーリスモ5関連はコチラ


R32からR33ミッションに

32タイプMで事故を起こしました。そのため、新しい32を買い、エンジン、ミッション、足回りを移植しようと思います。その際に何かやっておいたほうがいいことなんてないですか?また、今RB25エンジンを積んでいるのですが、ミッションは2000用です。25用のミッションを積みたいのですが、必要なものはミッションとぺラシャだけでいいのでしょうか?また、ぺラシャ加工はいくら位かかるものなんでしょうか?また、ミッションも前期後期で変わってきますか?
RB25用のMTといっても、R33用とR34用があります。大幅な変更点はクラッチがプッシュ式からプル式に変わったくらいです。あとR34は1速がダブルシンクロコーンになっていますので、かなり入りがいいです。前期後期の違いはちょっとわかりません。載せ換えに必要なのはMTと加工した第一ペラシャフと加工したMTメンバーです。MTメンバーは加工しなくてもボルト2本で何とか止まるらしいですが、強度的に怪しいです。あとはスピードメータードリブンギアがR33以降は電気式なのでR32に載せるときには機械式に変更が必要です。R32GT-Rのドリブンギアのパーツを使って、R33のギアのみを合体させれば動くようになります。社外でも出ていますが、倍以上の値段がするのできびしいと思います。余計なお世話かも知れませんが、車検を取る前に移植するなら公認を取ってしまえば堂々と乗り回せますよ。ぺラシャ加工は切断、接合、バランス取りをしないといけないので結構かかります。以前見積もりを取ったら切断接合で3万円ほど、バランス取りに3万6千円ほどとの回答をいただきました。


にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ Automobiles Blogs - Blog Rankings



関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

gogo.gs

アマゾンで検索

メーカー&ショップリンク

オークション

ランキング


selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログパーツ