⇒グランツーリスモ5関連はコチラ


アッパーのナットの締め付け

32タイプMのサス交換をしたんですが、アッパーを取りつける際にナットをどのくらい締めればいいのかわからなくて困っています。とりあえず固くなるまで締めればいいかなと思って締めたんですが、かなりロッドの先端が飛び出てしまいました。もともと組んであったやつを見たら1センチくらいしか飛び出ていないので、そこまで戻してみたらかなりナットがゆるい状態です。ゆるいといってもナットを回すとロッドも一緒に回るので大丈夫のような気もするんですが。こんな物でしょうか?

自分はとりあえず思いっきり締めておきます。ゆるいままだと、段差を超えたときに変な音が鳴るのと、ゆがみそうになるから。

1.8Kgm〜2.8Kgmじゃなかったかな?ただし接地状態での話です。R32やS13の場合はアッパーのすたっどボルトがセルフタップボルトになっているので、基本的には再使用不可部品となっています。この場合は素直に新品を付け直すほうが良いと思います。

TEINのHPに説明書が載ってますから見てみてください。手締めでなくきちんとトルクレンチ使ってくださいね。33Mで確か5kg−mくらいでした。

ゆるいといってもナットを回すとロッドも一緒に回るので大丈夫のような気もするんですが。大丈夫ではないんじゃないですか?ロッドは回らないように気をつけないといけないと聞きますから。

よっこらせ、って力で締めて、ロッド折りました。クイックイッ。位が良いようです。参考程度で…トルクレンチ使ってください。


にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ Automobiles Blogs - Blog Rankings



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

gogo.gs

アマゾンで検索

メーカー&ショップリンク

オークション

ランキング


selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログパーツ