⇒グランツーリスモ5関連はコチラ


タイベル交換後のトラブル

R32タイプMのRB20DET(ヘッド腰下などノーマル)なんですが、タイミングベルトを自分で交換した後、気筒の1番と3番が火が入らなくなりました。アイドリングはぎりぎり何とかします・一旦回転上がれば走行も可能です。1番・3番のインジェクターはカプラ抜くとアイドリング不安定になるので、2気筒は全く死んでるわけでもないようです。プラグ、コイル、パワトラは変えてみましたが変化なし、プラグ見る限り火花は飛んでいるようですが燃えてないのか真っ黒です。ボクサーサウンドで、何かヘッドからカチカチ音がしてるみたいです。タイベルはちゃんと所定のとこで噛んでるんですが、ベルトなしのときにカムスプロケとクランクをむやみに回したかもです。RBはこういうことすると干渉してバルブ曲がるんでしょうか?いまはセル回すと音が一定じゃなく、キュッキュッキュキュ、キュッキュッキュキュ みたいな感じに回ります。バルブ逝っていた場合自分でヘッド交換とかってできるものでしょうか? 火が入らない考えられる理由とヘッド交換自分でできるか意見くださいお願いします。

点火のタイミングがずれていると思うのですが本当にタイベルが所定のとこで噛んでいるか確認してみては?おそらく交換時マーキングしていると思うのでスプロケとスプロケの間の歯の数を数えてみるとかしてみては?

一度コンプレッションを測ってみてはどうでしょうか?バルブが曲がってるならその気筒だけ圧縮が無いはずですよ。

RBは、ピストンとバルブは、干渉します。クランクとカムをどのくらい回したのか知りませんが、もしセルで回したのならば確実にバルブが逝っています。コンプレッションは、ディーラーでもちょっとした町工場でもはかれますよ。


にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ Automobiles Blogs - Blog Rankings



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

gogo.gs

アマゾンで検索

メーカー&ショップリンク

オークション

ランキング


selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログパーツ